読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市が無料でプログラミング教育のパートナーを募集している件について

大阪市が小学校でのプログラミング教育進める為のパートナー事業者を「無償で」募集し、軽く炎上しそうです。

2020年から日本全国の小学校でプログラミングの必修化が予定されています。

学校の先生は99%以上がプログラミング未経験ですし、英語教育のようにこれまでの長い準備期間も無いですし、必修化まで3年しかないので、 各地の学校・教育委員会・自治体が大至急準備をするべき です。

しかしながら実態としては、去年急に確定した話でもあり、教育委員会等で権限がある方も「プログラミングをなぜ必修にするのかよく分からん」「どうやったらいいか分からん」というのが多くの方の実情です。

中の方と1,2度お会いしたこともあるのですが、大阪市のように、300校以上の小学校があり、文字通り「官僚的」で機敏ではない組織を動かすのは大変であったろうと思います。

当然、有償で行うべき事業でありみんなのコードも各自治体と永続的に実施できるよう協議をしていますが、無償でサンプル的な事業をやる大阪市 何もしていない自治体よりも大きく一歩先に進んでいる かと思っております。

※ みんなのコードは本事業に応募する予定はありません。

※ とはいえ募集の書き方が上から目線なのは良くないだろうと個人的には思っています。